指や手の関節痛の原因

指や手の関節痛の原因

指や手の関節痛の原因は、いくつか考えられますが、腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎)が関わっていることが多いです。

 

腱(けん)は骨と筋肉を繋いでいるもので、腱鞘(けんしょう)と言うチューブ状の鞘に包まれています。

 

腱鞘が炎症を起こすと、チューブが狭くなって腱が通りにくくなり、指を動かす時に引っ掛かりや痛みを感じることがあります。

 

腱鞘炎の原因としては手の使い過ぎが最も多いもので、職業的には、コンピュータのキーボードを打つ職業や、ピアニスト、打楽器奏者などの演奏家、漫画家、作家などの筆記具を使う仕事などに従事している人の発症例が非常に多い症状です。

 

手の使い過ぎ以外でも、妊娠中や出産後、更年期などのホルモンバランスの変化などが原因となることもあります。

 

腱鞘炎の種類

指の関節炎である腱鞘炎には、主に2つの種類があります。

 

ばね指

ばね指は、親指屈筋腱に起こることが多い症状です。指を曲げ伸ばしする時に、ばねを弾くような感じがすることから、この名称が付きました。症状が悪化すると、指を伸ばすのが困難になったり、パキッという音が鳴ることもあります。

 

ドゥ・ケルバン病

ドゥ・ケルバン病は、親指側の手首で起こる、炎症による腫れや痛みを伴う症状です。簡単な診断方法としては、「親指以外の指の中に親指を入れて、手首を小指の方に曲げた時に痛みを感じる」場合には、ドゥ・ケルバン病の可能性が高いです。

 

腱鞘炎は女性に多い疾患です

腱鞘炎は、手を使い過ぎる職業の人を除けば、女性に多い疾患であることが知られています。腱鞘炎は50代以上の更年期の女性と、20代の出産直後の女性に多く見られることから、女性ホルモンとの関わりが指摘されています。

 

更年期を迎えると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少します。エストロゲンには腱や腱鞘の弾力性を保持する働きがあり、このエストロゲンが減少するため、腱鞘炎の発症リスクが高まると考えられています。

 

また、妊娠・出産の際に多く分泌されるプロゲステロンは、腱鞘を収縮させる作用があるため、妊娠出産のタイミングでも腱鞘炎の発症リスクが高まるものと考えられています。

 

ひざ痛(変形性膝関節症)とは違って、必ずしも老化、加齢による原因だけではなく、子供を産んだ若いお母さんにも発症する症状だということには注意が必要です。

 

更年期に発生することが多い変形性関節症

指の関節痛には、腱鞘炎以外にも、指先のこわばりや腫れ、痛み、変形などが起こる変形性関節症が原因となる場合もあります。

 

変形性関節症の原因は、加齢とともに関節に負担がかかりやすくなって関節軟骨が擦り減ってしまうためです。変形性関節症には、第一関節に起こりやすいへバーデン結節、第二関節に起こりやすいブシャール結節、親指の付け根に起こりやすい母指CM関節症などがあります。

 

指や手の関節痛への対策

指や手の関節痛への対策は、まず手を過度に使うことを控え、休ませることです。筆記の必要がある人は、パソコンでの打鍵と、ペンでの筆記を使い分けるのも、負担を分散するという意味で有効な手段です。

 

更年期や、妊娠・出産期に指や手の関節痛が起こった場合は、ホルモンバランスの変化の可能性もあります。植物性エストロゲンのイソフラボンを積極的に摂取したり、もちろん『トンデケア』のような医薬品を併せて使うことも有効です。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。