肩こりの原因

肩こりの原因

肩こりは、広い意味では筋肉痛の一種ですが、「日本の国民病」と呼ばれることもあるほど、男女とも悩まされている人がたくさんいます。

 

肩こりに悩んでいる人は多く、関節痛・神経痛に悩んでいる人の症状として、肩こりは、男性では2位、女性では1位となっています。

 

肩こりの原因は、肩や首の血流が滞ってしまい、その部分に疲労物質がたまることです。夏の暑い時期に、冷房で首や肩を冷やし過ぎたりすることも、肩こりにつながります。

 

肩こりの原因は日常生活の中に

悪い姿勢

読書、パソコン作業など前かがみの姿勢は頭の重さを最も受け易く、同じ姿勢をとりながら指を動かす作業は、肩周辺の筋肉を常に緊張させ続けます。適度に休憩し、肩や首のストレッチをしましょう。

 

精神的なストレス

ストレスが原因で肩こりを訴える人が、とくに女性で増えています。スポーツや趣味などを行い、規則正しい生活習慣を心がけ、ストレスを適切に発散しましょう。

 

目の疲れ

首から肩にかけての筋肉のこりは、目の疲れからくることも多いものです。コンピューターを使うなど目を酷使している人は、できるだけ目を休めるようにすると良いでしょう。

 

寒さ

冬の寒い時期は、運動不足や縮こまった姿勢をとりがちです。そのままでは血液の流れが悪くなってしまいますので、意識して体を動かし首や肩の筋肉をほぐしましょう。

 

筋肉の疲労

肩こりは人間が立って歩き始めたことが原因とも言われています。人間の頭部は、3〜4キロもの重量があり、それを首から肩の筋肉で支えるわけですから筋肉の負担も大きいのです。

 

肩こりの予防のためには、普段から軽い体操などをして肩から首にかけての筋肉を鍛えておくと良いでしょう。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。