筋肉痛を防ぐ生活習慣と食習慣について

筋肉痛を防ぐ生活習慣と食習慣

筋肉痛の原因でも説明しましたが、筋肉痛は、筋肉が収縮する方向とは逆方向に引きのばされながら力を発揮する運動を行うことで、筋肉にダメージを与えてしまうために起こります。

 

筋肉を使わなければ、運動しなければ、そもそも筋肉痛は起こらないとも言えますが、日常生活の中で動かないわけにも行きません。

 

筋肉痛への対処としては、長期的には生活習慣、短期的には食事にて、ある程度対応することが可能です。

 

筋肉痛を防ぐ生活習慣

筋肉痛を防ぐためには、根本的には、日頃からある程度の運動を定期的に行うようにすると良いです。運動と言っても、肉体的な負荷が高いことをする必要はありません。

 

息が切れない程度の、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を継続することは非常に重要です。

 

もし、日頃全く運動していないにも関わらず、急に体を動かさなくてはならなくなったら、事前に十分なストレッチを行いましょう。

 

ストレッチやマッサージは、筋肉痛になった後に行っても一定の効果を発揮するのでオススメです。ぬるま湯につかる、睡眠時間を長めに取るなども、筋肉痛が生じてしまった後でも効果があります。

 

筋肉痛を防ぐ食習慣

運動をするとエネルギーを多く作ろうとして乳酸が筋肉に過剰に蓄積し、中性であった筋肉が酸性となって筋肉を固くさせるため、炎症や痛みを引き起こし易くなります。このため、乳酸は疲労物質と言われることもあります。

 

乳酸を効果的に押さえてくれる食品としては、クエン酸が含まれる食品が適しています。具体的には、グレープフルーツ、レモン、梅干しなど酸っぱいもので、特に黒酢にはクエン酸が多く含まれています。

 

筋肉の修復に使われるたんぱく質(アミノ酸)や、エネルギー効率を高めるビタミンB1も、積極的に摂るようにすると良いです。

 

できるだけ控えた方が良いこと

筋肉痛になった後に、熱いお風呂に入るのは逆効果、筋肉痛がさらに悪化してしまいます。筋肉痛がある間は、普段よりぬるめのお湯につかって、積極的にマッサージを行うことを心がけましょう。

 

筋肉痛を防ぐためにはダイエットは非常に効果的

ダイエット

筋肉痛を防ぐためには、適度なダイエットは非常に効果的です。

 

体重はそのまま筋肉への負担になるということを忘れてはいけません。多くの場合、筋肉痛は、重すぎる体重を支えきれなくなることから起こるのです。

 

特に、若い頃と比べて、体重が大きく増加している人は気を付けましょう。

 

一般的に、加齢とともに筋肉量は減少してきますので、体重の増加は二重に筋肉の負担となります。昔よりも少ない筋肉量で、より大きい重量を支えなくてはならないとしたら、筋肉にかかる負荷が非常に大きくなるということは容易に想像が付くでしょう。

 

日頃から、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を継続していると、身体の筋肉は、少なくとも自分の今の体重を支えることは出来るようになります。これは筋肉痛を防ぐ上で、非常に重要なことです。

 

適度な筋肉量を維持することは、脂肪などのエネルギー消費も出来て、ダイエットにも繋がります。適切な運動は健康の源です。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。