風邪をひいた時に関節痛の原因となるPGE2

風邪をひいた時に関節痛

関節痛の原因でもご説明しましたが、風邪などの病気が関節痛の原因になることがあります。

 

風邪をひいた時に関節痛の原因となってしまうのが『PGE2』という物質です。

 

PGE2は、プロスタグランジンE2(Prostaglandin E2)の略称ですが、PGE2の作用の一つに、痛覚伝達作用があるのです。

 

PGE2が生成される流れ

風邪やインフルエンザは、ウィルスによって発症してしまうのですが、人間の体内にウィルスが侵入すると、身体の免疫作用としてサイトカインという物質が分泌され身体を防衛します。

 

サイトカインにはウィルスから身体を守る重要な役割がありますが、過剰に分泌されると、臓器の機能を低下させてしまう危険もあるのです。

 

このため、サイトカインが過剰気味になってきたときに、サイトカインの生成を抑えるブレーキ役として分泌されるのがPGE2です。

 

PGE2には痛覚伝達作用があるため、サイトカインの生成は抑えられるけれど、結果として痛みを感じてしまうことになるのです。

 

風邪の関節痛は、まず風邪を治すことを考えましょう

睡眠

風邪やインフルエンザを発症した時にでてしまう関節痛は、人間の免疫機能の一環として生じてしまうために、なかなか抑えることが出来ません。

 

関節痛を抑えることよりも、ひとまず風邪やインフルエンザを治すことの方が重要と、身体が判断していると言っても良いかも知れません。

 

風邪を発症した時にでてしまう関節痛も、もちろんトンデケアのような医薬品で緩和することは出来ますが、根本的な解決は、そもそもの原因となっている風邪やインフルエンザを治すことです。

 

風邪を治すためには、十分な栄養を摂って、安静に過ごすのが一番です。特に十分な睡眠をとることは最重要。睡眠をとることで、副腎皮質ホルモンの分泌が促進され、弱った体を治し、免疫機能を活性化してくれます。

 

風邪やインフルエンザになってしまったら、まずは大元の病を治すよう、心がけましょう。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。