ひざの痛み(変形性膝関節症)の原因

変形性膝関節症

ひざ痛、ひざの痛みは、関節痛の一種ですが、正確には『変形性膝関節症』と呼ばれます。

 

日本人の患者数は約700万人と言われており、関節痛に分類される症状としては最も患者数が多い症状の一つです。

 

40歳以上の男女の6割が罹患しているというデータもあり、また、どの年代でも女性が男性に比べて1.5〜2倍多いという特徴があります。

 

『変形性膝関節症』の原因は、加齢、筋力低下、肥満などが直接のきっかけです。筋力低下や肥満は加齢に伴うものと考えれば、広くは老化に伴う症状と考えて良いでしょう。

 

筋力低下、肥満などにより、膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こします。多くの場合、炎症による関節液の過剰滞留があり(いわゆる水が溜まるという状態)、痛みを伴う病気です。

 

一次性の発症要因としては、膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こるものがあげられます。

 

二次性の発症要因としては、関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるものがあります。

 

ひざの痛み(変形性膝関節症)の進み方

『変形性膝関節症』は、放置しておくと、段階を踏んで進行して行ってしまいます。初期症状から、どうやって激しい痛みが生じる状態に至るのか、大きな流れは次の通りです。

 

初期症状

初期には関節の軟骨のみが障害を受ける場合が多く、やがて障害範囲が関節軟骨の磨耗、半月板の断裂、靱帯の障害などを含んだものへと進行して行きます。

 

関節炎から膝関節水症へ

症状が進行すると関節炎が起こり、さらに過剰な関節液が溜まる「膝関節水症」が起こります。これがいわゆる、ひざに水が溜まると言われる状態です。

 

進行すると歩行困難に

さらに症状が進行すると、関節の軟骨組織の一部が失われ、大腿骨と脛骨が直接こすれることで激しい痛みが生じます。専門的な治療を受けないと、やがて歩行困難となります。

 

ひざの痛み(変形性膝関節症)への対策

病院で行われる治療法には、保存療法と手術療法の2つの方法がある。

 

保存療法とは、薬物投与、装具装着、リハビリテーションなどを指し、治療の過程で、適度な運動や、減量を指導されることも多いものです。

 

手術療法では、関節鏡と呼ばれる4mmほどの太さの棒状器具等を6mm程度切開した2-3箇所の穴から膝内部に入れて行なわれる小規模の手術と、膝関節の骨そのものを人工関節に置き換えたり金属プレートやクサビ型の骨を埋め込むなどの大掛かりな手術があります。

 

ひざの痛み(変形性膝関節症)を軽くする方法は、『トンデケア』のような医薬品を使うのももちろん効果がありますが、長期的には、適度な運動でダイエットするのが一番オススメです。筋力も付き、膝への体重の負担も軽くなります。適度な運動によるダイエットは、ひざの痛み(変形性膝関節症)への対処法としては、一石二鳥の方法なのです。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。