温泉に入ると神経痛が治るの?

温泉に入ると神経痛が治るの?

温泉は、日本人には昔から馴染みが深いものです。

 

湯治という言葉もあるぐらいで、温泉に入ると神経痛だけでなく、さまざまな病気や体調不良に効果があると言われています。

 

温泉に入ってすぐ神経痛が完治するなどという即効性がある対策ではありませんが、温泉療法はじっくり確実に効果がある方法です。

 

神経痛の即効性がある根本的な治療方法としては、手術とかブロック注射が知られています。ただし、効果は大きくても、身体への負担がどうしても大きくなってしまいます。

 

ゆっくりでも身体への負担が少なく、確実に症状を改善できる対策として、温泉療法(湯治)は昔から人気を集めてきたのです。

 

温泉療法が神経痛に効くワケ

温泉療法が神経痛に効くワケ

神経痛の原因でも解説しましたが、神経痛の原因はさまざまです。

 

神経痛を生じさせる原因のなかでも、温泉療法で改善できる部分は、主に血行の改善です。血液の流れが滞ると、血管が圧迫されて神経に刺激を与えてしまいます。

 

温泉による血行改善効果が、神経痛の痛みや痺れを緩和してくれるのです。

 

温泉に入ったからといって、すぐに神経痛が消えてなくなるということはありませんが、血行が改善されることで徐々に神経痛の痛みも解消されていきます。

 

さらに、温泉に入ることで得られる心身のリラックス効果も見逃すことができません。

 

ストレスも神経痛の大きな原因の一つです。温泉に入ることで、日常生活のストレス解消にもなることは多くの人が経験しているでしょう。

 

温泉に入ることは、身体だけでなく、心にも効果がある昔からの知恵なのです。

 

神経痛に効果がある温泉の入り方

神経痛に効果がある温泉の入り方

神経痛に効果がある温泉の入り方はあるのでしょうか?

 

一口に温泉と言ってもいろいろな種類があります。神経痛に効く温泉としては、塩化物泉、単純温泉、硫酸塩泉、酸性泉、二酸化炭素泉、 炭酸水素塩泉などが適しています。

 

温泉の種類以上に、お湯の温度が重要です。

 

神経痛に効果があるのは、湯温41℃未満のぬるめの湯、微温浴です。熱いお湯だと長い間お湯につかるのは難しくなります。長くお湯につかって湯治効果を出すためには、できるだけお湯の温度は、ぬるめの方が良いのです。

 

温泉には注意しなくてはならない点もあります。

 

肌や関節に炎症があったり、神経痛が酷い急性期の場合には、温泉に入って血行を促進させたりするのは逆効果になって しまうので止めましょう。

 

もし自宅で温泉に近い効果を得たいなら、市販の入浴剤を使ったり、みかんなどの柑橘類の川を湯船に浮かべて入浴すると良いです。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。