神経痛は何が原因なのか

神経痛

『トンデケア』は、関節痛筋肉痛だけでなく、神経痛にも効果がある医薬品ですが、そもそも神経痛とは何を指しているのでしょうか。

 

神経は人間の身体全体に張りめぐらされていますが、神経が痛みを感じ取った状態(通常の痛み)だけでは神経痛とは呼びません。

 

特定の末梢神経の支配領域に、発作性、反復性の痛みがみられる場合を、神経痛と呼びます。

 

神経痛の痛みは、針で刺されたような鋭い痛みで、不規則な間隔で繰り返し起こりますが、長時間持続することはありません。ピリピリ、ヒリヒリとか、そういう言葉で表現される不規則な痛みです。

 

人間の身体の神経は中枢神経と末梢神経の2つに分けられます

 

中枢神経は脳と脊髄からなり、感情や記憶、思考、平衡感覚のほか、生存に不可欠な呼吸や心臓の動き、体温の調節などの働きを担っています。

 

末梢神経は、自律神経、運動神経、感覚神経の3つに分けられます

 

末梢神経は、中枢神経の枝に相当するもので、各臓器の働きや、血圧、体温などを自動で調節する自律神経と、中枢神経からの指令で全身の筋肉を動かす運動神経、また筋肉や皮膚などの身体の感覚器官で受けた刺激を中枢神経に伝達する感覚神経に分類されます。

 

神経痛の原因は、この末梢神経の感覚神経が何らかの刺激を受けて、それを中枢神経に痛みとして伝達することによって生じるものです。

 

神経痛の種類

三叉神経痛

三叉神経(さんさしんけい)は、こめかみから目の奥、頬、顎の3本に枝分かれする神経です。三叉神経痛は、熱い、冷たいなどの刺激を伝える三叉神経が動脈硬化などで膨張した血管に圧迫されることによって起こると考えられていて、顔の左右どちらかだけに突然の痛みが生じます。

 

現時点では、三叉神経痛は原因不明のものも多く、ストレスや疲労による自律神経の乱れが関与しているとも考えられています。

 

坐骨神経痛

坐骨神経はお尻から太ももの後ろ、ふくらはぎに至る神経です。腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが原因となり、潰れて突出した椎間板が坐骨神経を刺激することによって痛みを生じさせます。

 

坐骨神経痛は、おしりの痺れや足先まで電気が走るような痛みが現れます。また動作や姿勢により神経の圧迫具合が変化するため、痛みも動作や姿勢によって変化します。

 

肋間神経痛

肋間神経は背中から肋骨に沿うように巡っている神経です。肋間神経痛は、神経が肋骨や筋肉に挟まれて起こることが多く、急激な痛みと呼吸などの胸郭の動きによって痛みが強くなることが特徴です。

 

肋間神経は、不適切な姿勢やストレス、疲労などによって起こるとされていますが、多くは一時的で原因の特定が難しいものです。肋間神経痛の治療では、まず日々のストレスを軽減することが必要となります。

 

肋間神経痛の中には帯状疱疹(たいじょうほうしん)が原因で起こるものもあります。

 

帯状疱疹とは、ヘルペスウイルスの一種である水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって起こる病気で、ピリピリとした痛みを伴う水疱を形成します。

 

多くの人が幼少期にかかる水痘(みずぼうそう)は、この水痘・帯状疱疹ウイルスの初感染で、その後ウイルスは体内の神経節に潜伏します。このウイルスが加齢や他の病気の影響、疲労やストレスの蓄積などによって免疫力が低下すると、再び活動を始め、神経に沿って痛みを伴う水疱を形成します。

 

通常は身体の片側だけに発症し、顔面や下肢に発症することもありますが、多くは肋骨に沿って帯状に水疱ができることから帯状疱疹と呼ばれています。

 

外側大腿皮神経障害

外側大腿皮神経は骨盤の前面の内側を通る、太ももの外側の刺激を伝える神経です。

 

外側大腿皮神経を、コルセットやガードル、きつめのズボン、ベルトなどで圧迫されることによって起こる痛みや痺れ、感覚異常が外側大腿皮神経障害です。知覚性大腿神経痛や異常感覚性大腿神経痛などとも呼ばれています。

 

手根管症候群

手首の関節にある手根管(しゅこんかん)はトンネルのようになっていて、その中を正中神経と腱が通っています。仕事や趣味(パソコン、ピアノなどの楽器演奏、編み物など)で手を酷使する人に発症しやすく、女性ホルモンの影響により腱が浮腫むことから、妊婦や更年期の女性にも発症しやすいとされています。

 

手首を打鍵器で叩いたときに指先に痛みが響くティネルサイン(神経の障害部分を叩いたときに、その神経の走行部位に痛みが現れること)や、両手の指先を下にして手の甲を合わせたときに痛みや痺れが出現するファレンテストが診断の指標となります。

 

肘部管症候群

腕から指先に繋がる神経のひとつで、肘の内側から手の小指側に繋がるのが尺骨(しゃっこつ)神経です。尺骨神経は筋肉のない肘の内側で障害を受けやすく、野球の投球動作やテニス、ボウリングなどの肘に負担がかかるスポーツや、畳職人に多く見られます。

 

尺骨神経痛の特徴は手の小指と薬指の痺れで、進行すると筋肉が痩せてきたり変形が見られるようになります。肘の内側を軽く叩くと小指に痛みが響くティネルサインが診断の指標になります。

 

神経痛を抑えるにはストレスの改善が必要

神経痛の多くは、ストレスとの因果関係が指摘されています。日常生活を省みて、ストレスを感じている要素をできるだけ減らしていくことが重要となります。

 

また、雨の時に神経痛に悩まされるなど、天候との関係を感じている人も多くいます。天気予報を確認して、雨が降りそうなときは、『トンデケア』などの医薬品を服用しておくというのも一つの対処法でしょう。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。