筋肉痛は何が原因なのか

筋肉痛

『トンデケア』は、関節痛神経痛だけでなく、筋肉痛にも効果がある医薬品です。

 

私たちが普段の生活の中でいう筋肉痛は、遅発性筋肉痛(Delayed Onset Muscle Soreness = DOMS)と呼ばれるものです。

 

遅発性ということは、つまり筋肉を使ってから一定時間後に筋肉痛として影響が現れ始めるということです。

 

人間の筋肉には、筋肉が収縮する方向に、筋肉を収縮させながら力を発揮する運動(短縮性収縮、コンセントリック収縮)ではほとんど筋肉痛が生じないのに対して、筋肉が収縮方向とは逆方向に引きのばされながら力を発揮する運動(伸張性収縮、エキセントリック収縮)を行うと筋肉痛が生じるという特徴があります。

 

例えば、坂道や階段を下りる動きは、脚の筋肉(大腿四頭筋や下腿三頭筋)に伸張性収縮を発生させ、筋肉痛の原因になります。

 

加齢による筋肉痛への影響

加齢による筋肉痛への影響

歳をとると身体のあちこちに影響が現れますが、筋肉痛についても影響があります。

 

加齢による筋肉痛への影響は、一つには筋肉痛が発生するまでに若い頃よりも時間がかかるということです。直接には、細胞分裂が遅くなるため、回復までの時間がかかることが原因です。

 

遅発性の傾向がより強くなってしまうということですが、このため、知らないうちに無理を重ねてしまうことにもつながりかねませんので、一定の運動をしたら、身体に痛みが無くても十分な期間、休憩を取るように心がけましょう。

 

また、加齢に伴って、筋肉の組織も、若い頃よりも弱くなっていることには十分注意しましょう。急激に激しい運動をするのは控えて、身体への負荷を徐々に上げて行く工夫をしましょう。

 

筋肉痛を抑えるには毎日適度の運動をするのが効果的

筋肉痛は、筋肉を使うことで発生します。でも、だからといって全く筋肉を使わないでいると、身体は弱っていくばかりです。

 

筋肉痛が辛くなるのは、自分の身体のコンディションを把握していないためです。全く運動していないのに、急激に身体を動かすと、数日後にはかなり辛い筋肉痛となってしまいます。

 

突然、筋肉痛に悩まされるのを回避するには、毎日適度の運動をするのが効果的です。特に、ゆっくり時間をかけてウォーキングなどの有酸素運動を行うことは、ストレスの解消にもなりますし、生活習慣の改善にも役立ちます。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。