筋肉痛にはマッサージも効果的

筋肉痛にはマッサージも効果的

筋肉痛を防ぐ為には、マッサージも効果的です。

 

マッサージ(massage)は実はフランス語が語源です。元々は、フランスで生まれた手技療法をマッサージと呼びますが、現在では、タイ式や中国式の施術も広くマッサージと呼ばれています。

 

マッサージの定義は、日本の厚生労働省では次のように定義されています。

 

施術者の体重をかけて対象者が痛みを感じるほどの相当程度の強さをもって行うなど、あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、人体に危害を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為については、同条のあん摩マッサージ指圧に該当するので、無資格者がこれを業として行っている場合には、厳正な対応を行うようお願いする。

 

また、同条のあん摩マッサージ指圧が行われていない施術において、「マッサージ」と広告することについては、あん摩マッサージ指圧師でなければ行えないあん摩マッサージ指圧が行われていると一般人が誤認するおそれがあり、公衆衛生上も看過できないものであるので、このような広告を行わないよう指導されたい。

 

(出典)「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に関する疑義照会について(回答) 平成15年11月18日 医政医発第1118001号

 

マッサージの基本原理

マッサージの基本原理

マッサージが筋肉痛に効果を発揮する基本原理は、体に対して外から力を加える事によって静脈内の血液やリンパ液の流れを促進し、疲労の回復を早めるというものです。

 

筋肉に適度な揉みほぐす事によって、過度な緊張を解くリラックス効果もあります。

 

重要なのは、マッサージを行うタイミングです。

 

筋肉が緊張状態にあったり、疲労物質である乳酸が溜まっているのは運動直後の一定の時間だけです。このタイミングでマッサージを行い、疲労物質を分散させる必要があります。

 

運動直後のマッサージは、筋肉の緊張を解き血行を促進するのにとても効果的です。ストレッチやクールダウンのための運動と上手く組み合わせて行えば、後に発生する筋肉痛を和らげる効果が期待できます。

 

筋肉痛になってからマッサージするのは厳禁

筋肉痛になってからマッサージするのはできるだけ避けた方が良いです。

 

痛みが出始めてからでは、疲労回復効果が期待できるタイミングを逃してしまっています。また、筋肉痛が出始めるころには白血球の細胞によって傷ついた筋肉を再生している最中でもあります。

 

筋肉が再生している時にマッサージで外から力を加えることは、逆に筋肉の再生を邪魔する結果になり、強く揉み過ぎる事で筋肉を傷つける危険性もあると考えられています。

 

運悪く筋肉痛になってしまったら、マッサージでの根本解決はできません。湿布や塗り薬で痛みを和らげたり、『トンデケア』などの飲み薬を活用することを考えて行くと良いでしょう。

 

筋肉痛を予防するためにはマッサージが効果的ですが、もし筋肉痛の症状が出てしまったら『トンデケア』などの医薬品も合わせて使うことを考えてみると良いです。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。