神経痛を防ぐ生活習慣と食習慣について

神経痛を防ぐ生活習慣

神経痛の原因でも説明しましたが、神経痛の主な原因は、ストレスや疲労がありますが、背景には加齢による老化も見逃せません。

 

神経痛を防ぐ生活習慣や食習慣も、原因を考えていくと対策が見えてきます。

 

総合的には、健康的な日常生活を送るということに集約されるのですが、特に注意すべき点は明らかです。

 

神経痛を防ぐ生活習慣

日頃から正しい姿勢を取るように気を付けることが重要です。姿勢が歪んでいると、身体の各部に余計な負担がかかります。特に背骨に負担がかかるのは要注意です。

 

正しい姿勢を保つためには、適度な筋力を維持することが重要になってきます。ウォーキングやジョギングなどの、軽度の有酸素運動を継続して行うことは非常に重要です。

 

神経痛を防ぐ食習慣

神経痛は神経周辺の血管が圧迫され、血流が悪くなることにより痛みが生じるため、血行促進に効果のある食べ物が効果的です。

 

具体的には、ビタミンAやCの働きで血行促進に効果のある緑黄色野菜や、血行促進を促すEPAやDHAなどが豊富に含まれている青魚類、そして血行促進が期待できるビタミンEが豊富に含まれているゴマやナッツ類などが推奨できます。

 

神経痛は、脳や脊髄から全身に張り巡らされている末梢神経が傷つくことでも生じることから、末梢神経の傷を修復する作用があるビタミンB12を含む食べ物も高い効果が期待できます。

 

具体的には、ビタミンB12を多く含む食べ物としては、しじみ、あさり、牡蛎といった貝類、牛・鶏・豚といった肉類のレバー、いわし、サンマ、にしんといった青魚類、そして、イクラやタラコなどがあげられます。

 

また、神経痛は体を冷やすことにより症状が悪化するため、体を温めると言われているネギやニンニク、ショウガなども積極的に摂ると良いでしょう。

 

出来るだけ避けた方が良い食品

逆に神経痛に悪影響を与える可能性がある食品としては、動物性たんぱく質、つまり肉の食べ過ぎは出来る限り避けた方が良いでしょう。

 

もちろん、酒類、煙草なども可能な限り避けた方が良いです。

 

適度なダイエットはあらゆる点で効果的

ダイエット

神経痛を起こしたり、悪化させたりするのを防ぐためには、適度なダイエットはあらゆる点で効果的です。

 

体重が重過ぎると、日常生活を行うだけでも身体に対して大きな負荷がかかってしまいますし、過剰に摂取した栄養分が、身体に様々な悪影響を与えてしまいます。

 

メタボ体型、肥満状況は、適切な運動を行っていないことの結果でもありますから、筋力維持やストレス解消という意味でも大きな問題があります。

 

神経痛を防ぐための生活習慣と食習慣を考える際に、ほとんどの事項は、ダイエットのために必要なことに重なります。適度なダイエットを心がけることで、結果的に、神経痛を防ぐための生活習慣と食習慣が実現できると考えて良いです。

 

適度なダイエットはあらゆる点で効果的、ということはぜひ頭の片隅に置いておいてくださいね。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。