関節痛は何が原因なのか

関節痛

『トンデケア』は、飲むだけで関節痛、神経痛筋肉痛などに効くことで話題になっています。

 

『トンデケア』が話題になるということは、それだけ関節痛などに悩んでいる人が多いということです。

 

関節痛はどうして発生してしまうのでしょうか?

 

関節痛の原因は、大きくは2つに大別することができます。
1つには病気とかケガが原因の場合。もう1つは、加齢や生活習慣が原因となっている場合です。

 

病気やケガが原因の場合

病気とかケガが関節痛の原因になる場合があります。インフルエンザにかかって、身体の節々が痛むとか、激しいスポーツで関節を傷めた経験がある人も多いでしょう。

 

病気とかケガが原因の場合は、痛みも一過性のものですので、適切に処置すればいずれ治ります。

 

怪我の具合によっては回復そのものが困難になる場合もあり得ますので、軽視はできませんが、基本的に時間の経過とともに治癒が期待できるものです。

 

加齢や生活習慣が原因の場合

加齢や生活習慣も、関節痛の原因となります。一般的に関節痛という場合は、加齢や生活習慣が原因となっているケースの方が多いと考えて良いでしょう。

 

加齢や生活習慣が関節痛の原因になっている場合は、年齢は逆戻りすることは出来ませんから、適切な運動やバランスの取れた食事など、生活習慣の改善に焦点を当てていく必要があります。

 

加齢や生活習慣によって関節痛が起こる場合について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

加齢や生活習慣による関節痛の原因

四十肩

痛みが激しい場合は、迷わず病院に行って診察してもらうようにしましょう。専門医の適切な診断を受けることは重要です。

 

ここでは、加齢や生活習慣によって生じる炎症、病気が関節痛の原因となる場合について、代表的なケースを取り上げて説明します。

 

 

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎は、一般的には「四十肩」とか「五十肩」と呼ばれます。加齢に伴って、肩関節とその周辺に長期的な炎症が発生して、腕を上げたり、腕を後ろに回したりする動作をすると、痛みが生じてしまうものです。

 

変形性股関節症

変形性股関節症は女性に多く見られるもので、加齢や肥満によって、股関節に過剰な負担がかかってしまい、関節と関節の間にある軟骨がすり減ってしまうことで痛みが生じてしまうものです。

 

痛風

痛風は、アルコールや肉類に含まれるプリン体の摂り過ぎとか、腎臓の機能障害で、血液中の尿酸が増加した際に生じるものです。血液中の尿酸が増え過ぎると、関節周囲の関節液にも尿酸が蓄積します。

 

蓄積した尿酸は、尿酸結晶という結晶を作り、これが引っ掛かりとなって痛みを発生させてしまいます。尿酸結晶は、重力に引かれて、足に溜まりやすく、症状がひどい場合は歩けなくなってしまいます。

 

偽痛風

偽痛風は、痛風に良く似た症状を引き起こしますが、原因となるのは尿酸結晶ではなく、ピロリン酸カルシウムの結晶です。軟骨石灰化症とも呼ばれます。ピロリン酸カルシウムが蓄積してしまうのは、遺伝による場合と、副甲状腺機能亢進症などが誘因となることが知られています。

 

関節リウマチ

関節リウマチは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つです。必ずしも加齢が原因という訳ではありませんが、喫煙などの生活習慣が影響を与えることが知られていて、一定の年齢を超えてから発症するケースが多いものです。

 

関節痛を抑えるには生活習慣の改善が必要

加齢や生活習慣が関節痛の原因になっている場合、歳をとることには抵抗できませんから、適切な運動やバランスの取れた食事など、生活習慣の改善を中心に考えて行く必要があります。

 

特に適度にダイエットをして体重を減らすことは、関節への負担を減らすことにつながりますので、関節痛の痛みを和らげる効果も非常に高いものです。

 

関節痛に悩んでいるなら、『トンデケア』を服用しつつ、長期的にはダイエットに取り組み、関節の負担を減らすことが根本的な解決への近道です。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。