筋トレ後の筋肉痛はどういうもの?

筋トレ後の筋肉痛はどういうもの?

秋田県44歳OL
若い頃は次の日に筋肉痛がきて、歳を経ていくと次の次の日に筋肉痛が遅れて来るという話を聞きます。

 

何れにしても、筋肉痛というものは運動をした後に遅れて来るものです。

 

筋肉痛とは文字通り筋肉が痛い状態です。

 

なぜ筋肉痛になるのか、明らかになっていない部分も多いのですが、運動の後に現れるのは、運動によって傷付いた筋繊維が修復しようとしている時に痛みが生じると言われています。

 

普段から運動習慣のある人は早めに筋肉の修復システムが働き、早く筋肉痛がきて、運動をあまりしない人は筋肉痛が遅れて来るそうです。

 

筋肉痛が来ると、トレーニングをした達成感を感じる方も多いですが、筋肉痛が来るのは筋肉の使い方によるもので、必ずしも筋肉痛がトレーニングの効果を示しているわけではなく、トレーニングを継続していくうちに筋肉痛があまり現れなくなりますが、しっかり筋肉が付いています。

 

もし筋肉痛が起きているときはトレーニングを控えて食事と休養をするようにしましょう。

 

トンデケアTOP

TOPページでは、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品『トンデケア』を一番お得に買う方法について解説しています。『トンデケア』に興味がある方はTOPページをご覧ください。