話題の『トンデケア』を一番お得に買う方法

トンデケア

『トンデケア』は、飲むだけで関節痛、神経痛、筋肉痛が飛ぶように消えると、今話題の医薬品です。

 

ひざの痛みや、腰痛、肩こりなど、関節や神経、筋肉のあらゆる痛みに効果があり、老若男女を問わず一瓶を家族全員で使えることで人気を集めています。

 

自宅に一本、『トンデケア』を置いておけば、突然、膝や腰が痛みだしても慌てずに済みます。家庭の常備薬としても重宝します。

 

『トンデケア』は、通販限定の商品なので、街中のドラッグストアで購入することは出来ません。

 

通販なら、楽天市場とかAmazon(アマゾン)で『トンデケア』を購入することができるの?というと、それも難しいんです。

 

2017年10月の状況で、『トンデケア』は、楽天とかアマゾンでは販売していません。その他、中小の通販モールでも『トンデケア』を販売しているところはありません。

 

『トンデケア』を購入することができるのは、トンデケアの公式サイトだけです。

 

楽天とかアマゾンで販売すると、実は高額な出店料がかかってしまいます。『トンデケア』は、その費用をユーザーに還元するために、販売は公式サイトのみ、その代わりとてもお得な値段になっています。

 

>>トンデケア公式サイトはこちら<<

 

トンデケアの公式サイトの特典

公式サイトでは『トンデケア』1本だけを単品購入する通常購入と、決まった間隔で商品を定期的に配送してもらう定期購入の2つの購入方法が用意されています。

 

通常購入:4,900円の定価販売となり、別途送料(650円)もかかります。割高!
定期購入:お得な割引価格で購入することができ、いつでも解約・休止が可能です。おトク!

 

両者を比較してみると、公式サイトで『トンデケア』を購入するなら、定期購入の方が明らかにお得ということが分かります。値段も安く、目立つデメリットも有りません。

 

買い忘れを防ぐことができるので、ほとんどの医薬品とかサプリメントで、定期購入の設定があります。その一方、定期購入には、一定の回数買い続けないと、解約・休止が出来ないという購入義務回数を設定している商品が多く、お試し購入には不向きというマイナス点もあります。

 

ところが、『トンデケア』の定期購入には購入義務回数のような縛りは一切ありません。定期購入コースで1回だけ購入して、解約・休止することも出来るのです。

 

これは、お試し購入で定期購入コースに申し込んでもリスクが無いということです。

 

『トンデケア』定期購入のメリット

トンデケアの定期購入

 

いちど定期購入で申し込んでおくと、買い忘れることなく『トンデケア』を届けてくれますので、『トンデケア』を飲み続ける場合には、とても便利な仕組みですし、もし期待通りの効果が見られ無ければ、いつでも解約・休止できるのです。

 

通常購入の場合は4,900円の定価販売となり、別途送料(650円)もかかってしまいます。わざわざ割高な買い方になってしまい、通常購入は単なるお金の無駄になってしまいますので、注意しましょう。

 

公式サイトで『トンデケア』を購入するなら、リスクゼロの定期購入をぜひ活用しましょう!

 

『トンデケア』公式サイトの定期購入には、購入義務回数のような縛りは一切無く、お試し購入でも定期購入コースを利用した方が圧倒的にお得です!

 

『トンデケア』公式サイトの特典(1本購入)

項目 トンデケア単品定期購入
製品画像

トンデケア

医薬品分類 第3類医薬品
有効成分 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

シアノコバラミン(ビタミンB12)
ガンマ-オリザノール
その他

内容量 93錠(31日分)
通常価格 4,900円
初回限定価格 3,675円(25%OFF)
継続価格(2回目以降) 4,410円(10%OFF)
送料・手数料 送料無料、後払い手数料無料(全て無料)
最低受取回数 無し(解約・休止はいつでもOK)
お届けサイクル 15日〜90日の間で自由に選択可能

(価格は全て消費税抜きの表記です)

 

『トンデケア』公式サイトの特典(2本まとめて購入)

項目 トンデケア2本おまとめ
通常価格 9,800円(2本)
初回限定価格 6,800円(3000円OFF)
継続価格(2回目以降) 8,330円(15%OFF)
おまとめ特典 ヒザらくらくサポータープレゼント(購入者全員)

(価格は全て消費税抜きの表記です)

 

『トンデケア』は、老若男女を問わず、夫婦とか親子など家族全員で利用することが出来ますので、家庭の常備薬として、よりお得な2本おまとめコースで購入することもオススメです。

 

基本的に、1本93錠は一人分、一か月分の服用量になりますので、家族構成を考えて、必要なら2本単位での購入を検討してみると良いでしょう。

 

『トンデケア』2個セット定期コース初回申し込み時だけの、「ヒザらくらくサポーター(非売品)」プレゼントという特典も用意されています。

 

2本おまとめコース

 

トンデケアと他商品の比較

『トンデケア』と他商品、競合関係にあるライバル商品を比較してみましょう。

 

関節痛、神経痛に効果がある医薬品として、コンドロイチンを配合した『グルコンEX錠プラス』と、トンデケアに比較的有効成分が似ている『リョウシンJV錠』とを比較してみます。

 

項目 トンデケア グルコンEX錠プラス リョウシンJV錠
製品画像

トンデケア

グルコンEX錠プラス

リョウシンJV錠

有効成分

7種類
フルスルチアミン塩酸塩
ピリドキシン塩酸塩
シアノコバラミン
ビタミンEコハク酸エステルカルシウム
ニコチン酸アミド
パントテン酸カルシウム
ガンマ-オリザノール

4種類
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
チアミン硝化物
ピリドキシン塩酸塩
ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

6種類
フルスルチアミン塩酸塩
ピリドキシン塩酸塩
シアノコバラミン
ビタミンEコハク酸エステルカルシウム
パントテン酸カルシウム
ガンマ-オリザノール

内容量 93錠 186錠 93錠
通常価格 4,900円 6,646円 3,800円
初回価格 3,675円 1,833円 1,900円
継続価格 4,410円 5,979円割高 3,800円
送料・手数料 送料無料 送料無料 700円有料
最低受取回数 無し 無し 無し
医薬品分類 第3類医薬品 第3類医薬品 第3類医薬品
製造販売 くすりの健康日本堂 株式会社日本薬師堂 株式会社富山常備薬
公式サイト

トンデケア公式サイト

グルコンEX錠プラス

リョウシンJV錠

(記載価格は全て消費税抜きの価格です)

 

各製品を比較する上で、重要な項目に印を付けています。

 

『トンデケア』VS『グルコンEX錠プラス』

まず、『トンデケア』『グルコンEX錠プラス』を比較してみましょう。

 

『トンデケア』は、有効成分が7種類と多く、2回目以降の継続価格も安価です。『グルコンEX錠プラス』は、初回価格こそ最安値ですが、2回目、2か月目以降は約6,000円となります。

 

『トンデケア』よりも、毎月1,500円程度高いため、年間で見ると18,000円程度の差額になってきます。購入期間が長くなればなるほど、この価格差は大きく開いてきます。

 

『トンデケア』は、効果と価格の両方で、『グルコンEX錠プラス』よりも優れています。

 

『トンデケア』VS『リョウシンJV錠』

次に、『トンデケア』『リョウシンJV錠』を比較してみましょう。

 

『トンデケア』『リョウシンJV錠』は、良く似た商品ですが、『トンデケア』の方が有効成分が7種類と多いことが分かります。(違いは、ニコチン酸アミドが含まれているかどうかです)

 

『リョウシンJV錠』は、初回価格は特別価格が適用されますが、2回目以降は定価販売で、しかも送料がかかることを考えると、実質的に『トンデケア』よりも割高になります。

 

『トンデケア』は、効果と価格の両方で、『リョウシンJV錠』よりも優れています。

 

『トンデケア』は、競合する他商品と比較しても、効果と価格の両面で優れています。

 

トンデケアの7つの有効成分

トンデケアの7つの有効成分

 

『トンデケア』には、7つの有効成分が含まれていますが、大きくは次の3つのグループに分けることが出来ます。

@栄養をエネルギーに変えてくれる成分
A神経に働き痛みを緩和してくれる成分
B血行・血流を良くしてくれる成分

 

@栄養をエネルギーに変えてくれる成分

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)

ビタミンB1は健康を維持するために欠かせない栄養素ですが、普段の食事では壊れやすく腸管から吸収されにくいという弱点があります。この弱点を克服する代替物がフルスルチアミン塩酸塩です。

 

フルスルチアミンは腸管からよく吸収されて筋肉や神経の組織にいきわたり、カラダの中で役立つ型のビタミンB1となって効果を発揮します。

 

ニコチン酸アミド(ビタミンB3)

ニコチン酸アミドは、体内でさまざまな酸化還元反応を幅広くサポートする補酵素として働いています。皮膚や粘膜を正常に保つ作用や、血流を良くする作用があります。

 

ニコチン酸アミドは、ライバル商品の中でも『トンデケア』のみに含まれている成分でもあります。

 

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

パントテン酸カルシウムは、ビタミンB5とも呼ばれ、体内でCoA(補酵素A)の構成成分として、脂質、糖質、タンパク質の代謝にかかせない重要な成分です。

 

また、他のビタミン類と協力し、副腎皮質ホルモンの合成や、皮膚の健康維持を助ける栄養素としても知られています。

 

A神経に働き痛みを緩和してくれる成分

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、身体を作るために必要なタンパク質を吸収するのを助ける役割があります。身体の成長、再生を助けてくれるものです。

 

ビタミンB6が体内にあると食事などから摂った良質なタンパク質がしっかり吸収され、健康な皮膚や粘膜、髪、歯などを作りながら成長を促します。

 

シアノコバラミン(ビタミンB12)

シアノコバラミン(ビタミンB12)は、傷ついた末梢神経を修復する働きがあります。神経を再生する作用を持つ成分は希少です。

 

シアノコバラミンは眼精疲労の治療薬として市販される点眼薬に配合されているほか、末梢神経障害や悪性貧血の治療にも用いられます。

 

ガンマーオリザノール

ガンマーオリザノールは、米ぬか(糠)に含まれる成分で、自律神経を整える効果、美肌効果、更年期症状を緩和する効果、血中脂質を改善する効果などが確認されています。

 

B血行・血流を良くしてくれる成分

ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

ビタミンEコハク酸エステルカルシウムには、毛細血管を拡張し血流を促進させる働きがあります。身体の隅々に血液から栄養が補充されるように促す効果があります。

 

関節痛や神経痛の症状を改善する医薬品や、眼精疲労や肩こりの症状を緩和してくれる医薬品にも配合されています。

 

『トンデケア』は、こうした成分の相乗効果によって、全身の関節痛、神経痛、筋肉痛に効くだけでなく、眼精疲労にも効果を発揮します。

 

関節痛を防ぐためには

痛風

関節痛の原因は、大きく2つあります。1つは怪我とか病気が原因になる場合で、もう1つは加齢や生活習慣が原因となっている場合です。

 

病気やケガが原因の場合は、一定の時間が経過して治癒すれば関節痛も治るのですが、加齢や生活習慣が原因の場合は時間が解決してはくれないのです。

 

年齢は後戻りできませんから、特に生活習慣の改善を中心に考える必要があります。特に関節痛の原因になる生活習慣病が『痛風』です。

 

痛風が進行すると、蓄積した尿酸によって、尿酸結晶という結晶が作られて、これが関節内で引っ掛かり、痛みを発生させてしまいます。

 

痛風対策としては、プリン体の摂取を控えるなど、食生活の改善が求められますが、最重要事項は飲酒を制限することです。

 

飲酒を制限した上で、関節痛に効果がある食品としては、コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)、グルコサミン、オメガ3脂肪酸、各種タンパク質などがあります。

 

関節痛のためにトンデケアを服用しても、過度の飲酒があると痛風は防げません。特に日々の飲酒量については十分注意しましょう。

 

神経痛を防ぐためには

神経痛

人間の身体の神経は中枢神経末梢神経の2つに分けられます。中枢神経は脳と脊髄からなり、感情や思考、生命維持活動を担っています。末梢神経は、自律神経、運動神経、感覚神経の3つに分けられます。

 

神経痛の原因は、末梢神経のなかの感覚神経が何らかの刺激を受けることで、それを中枢神経に痛みとして伝達することによって生じるものです。

 

神経痛の種類としては、三叉神経痛、坐骨神経痛、肋間神経痛、外側大腿皮神経障害、手根管症候群、肘部管症候群、などがありますが、多くはストレスとの因果関係が指摘されています。

 

神経痛を予防するためには、日頃から正しい姿勢を取るように気を付けて、そのための適度な筋力を維持することが重要です。食習慣としては、血行促進に効果のある食べ物が効果的です。

 

ビタミンAやCの働きによって血行促進に効果のある緑黄色野菜、EPAやDHAなどが豊富に含まれている青魚類、末梢神経の傷を修復する作用があるビタミンB12を含む食品が代表的です。

 

神経痛を防ぐためには、トンデケアを飲むだけでなく、ストレス解消に努めること、血行を促進する食品を摂るように心がけること等が重要です。

 

筋肉痛を防ぐためには

筋肉痛

私たちが普段暮らしている場合にいう筋肉痛は、遅発性筋肉痛(Delayed Onset Muscle Soreness = DOMS)です。

 

遅発性ということは、つまり筋肉を使ってから一定の時間が経過した後に、筋肉痛として影響が現れ始めるということです。

 

運動選手、アスリートが激しいトレーニングを行う中で起こる筋肉痛は、生活習慣のなかで起きる症状とは考えません。

 

人間の筋肉には、筋肉が収縮する方向に力を発揮する運動(短縮性収縮、コンセントリック収縮)ではほとんど筋肉痛が生じないのに対して、筋肉が収縮方向とは逆方向に力を発揮する運動(伸張性収縮、エキセントリック収縮)を行うと筋肉痛が生じるという特徴があります。

 

筋肉痛を効果的に抑えるためには、適度の筋肉量を維持することが重要です。

 

特に息が切れない程度の、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を継続することは非常に重要です。事前に十分なストレッチ、事後にはマッサージを行うと運動による筋肉痛を抑えることが出来ます。

 

筋肉痛を防ぐ食事としては、クエン酸が含まれる食品がお勧めです。運動をすると乳酸が筋肉に過剰に蓄積し、炎症や痛みを引き起こし易くなります。このため、乳酸は疲労物質とも言われますが、クエン酸は乳酸を効果的に抑えてくれます。

 

クエン酸は、グレープフルーツ、レモン、梅干し、黒酢など酸っぱいものに多く含まれます。筋肉の修復に使われるたんぱく質(アミノ酸)や、エネルギー効率を高めるビタミンB1も積極的に摂ると良いです。

 

筋肉痛を抑えるためには、トンデケアを飲むだけでなく、適度な運動で筋肉量を維持するように心がけることも重要です。

 

ダイエットは全ての痛み改善に効果大

ダイエット

『トンデケア』は、関節痛や神経痛、筋肉痛に効果がある医薬品ですが、全ての痛みについて、ダイエットの直接・間接の効果は非常に大きいです。

 

体重を減らすことは、身体の各部にかかる重量という負担を軽くすることに繋がりますし、多くの場合はダイエットを通じて食生活の改善にも繋がるものです。

 

体重が多過ぎると、そのまま関節への過大な負荷、神経の圧迫、筋肉の酷使に直結します。一般的に、加齢とともに体重を支える筋肉の量は減少して行きますので、体重の増加は二重に身体の負担になってしまいます。

 

若い頃よりも少ない筋肉で、より多い体重を支えることになると、身体への負担は非常に大きなものになってしまいます。

 

適切な運動を行っていない結果、メタボ体型、肥満状況になってしまうと、筋力維持やストレス解消という意味でも大きな問題となります。

 

若い世代が無理に行うダイエットは健康を害してしまう危険性もありますが、適切な運動を通じて行うダイエットは、およそあらゆる症状の改善にもつながるものです。

 

トンデケアを飲むだけでなく、適切な運動を通じてダイエットを行うことで、関節痛や神経痛、筋肉痛すべての改善に効果が期待できます。

 

トンデケアは第3類医薬品に分類される医薬品

『トンデケア』は、第3類医薬品に分類される医薬品です。ここで、医薬品の区分について説明します。

 

第3類医薬品とは

第三類医薬品とは、一般用医薬品のうち、安全・健康上のリスクが比較的低い医薬品について設定されている分類で、2009年の改正薬事法の施行によって設けられました。

 

医薬品には、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3つの区分があり、それぞれリスクの度合いと、許可される販売形態が異なります。

 

一般用医薬品の中でも特にリスクが高いものは、第一類医薬品に分類され、リスクはそれほど高くないものの、リスクの懸念が全くないわけではない程度のものは第二類医薬品に区分されています。

 

第三類医薬品は、服用することで体調に影響があったとしても日常生活に支障を来すには至らないレベルのものが区分されます。

 

第3類医薬品はネット販売が可能

2009年の薬事法改正により、第一類医薬品および第二類医薬品は、薬剤師のいる店舗での対面販売が必須とされましたが、第三類医薬品に限っては薬剤師の監督下になくても販売可能とされ、コンビニエンスストアでの販売や通信販売なども許可されています。

 

第一類医薬品および第二類医薬品は、対面販売が必須となった結果、オンラインでの販売が禁止される形となりました。ヘルスケア関連ECサイト「ケンコーコム」などは、これに異議を唱え、改正法の無効を主張して訴訟を起こしました。

 

2013年1月、最高裁判所は原告の訴えを認め、改正法による権利制限が無効であるとの判決を下しています。その後、2013年12月に改正薬事法が成立し、第三類医薬品のネット販売が解禁されることが決定しました。

 

2013年12月に改正薬事法のおかげで、『トンデケア』のような便利な医薬品を、薬局で無く、通販経由で簡単に購入することが出来るんですね。

 

参考サイト:厚生労働省『医薬品の販売制度

 

『トンデケア』を一番お得に買えるのは公式サイト

『トンデケア』は、関節痛、神経痛、筋肉痛など、身体中の痛みを緩和してくれるだけでなく、眼精疲労にも効果があることで、身体の痛みにトータルで効くと大きな話題を集めています。

 

『トンデケア』は通販限定の商品なので、街中のドラッグストアなどで購入することは出来ません。楽天とかアマゾンでも販売していないので、『トンデケア』が購入できるのは、トンデケアの公式サイトだけです。

 

トンデケア公式サイトの定期購入には、購入義務回数のような縛りが一切ありません。初回のお試し購入でも、定期購入コースを利用するとお得に購入することができます。

 

『トンデケア』を一番安く買えるのは公式サイトの定期購入です!

 

>>トンデケア公式サイトはこちらから<<

 

 

(参考)『トンデケア』の取り扱い説明書


トンデケアの購入を検討している人のために、トンデケアに添付されている取り扱い説明書をご紹介しておきます。

 

こちらは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構によって公開されているデータを画像化したものです。

 

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)は、平成13年に閣議決定された特殊法人等整理合理化計画を受けて、国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センター、医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構及び財団法人医療機器センターの一部の業務を統合し、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づいて平成16年4月1日に設立され、業務を開始した機関です。

 

PMDAは、医薬品の副作用や生物由来製品を介した感染等による健康被害に対して、迅速な救済を図り(健康被害救済)、医薬品や医療機器などの品質、有効性および安全性について、治験前から承認までを一貫した体制で指導・審査し(承認審査)、市販後における安全性に関する情報の収集、分析、提供を行う(安全対策)ことを通じて、国民保健の向上に貢献することを目的として活動しています。

 

(参考:独立行政法人医薬品医療機器総合機構「PMDA」公式サイト

 

『トンデケア』の取り扱い説明書

 

『トンデケア』の取り扱い説明書

 

>>トンデケア公式サイトはこちらから<<